自分で解決!?自力でトイレのつまりを解消!

始める前に準備しましょう!

トイレの詰まりは自分で解消できる可能性があります。業者さんを呼ぶ前に、自分でやってみましょう。これ以上詰まらせないために下準備をしましょうね。まず、ウォシュレットのプラグを抜きましょう。これ以上水が増えないようにする為です。次に、止水栓を閉めましょう。止水栓が開いていてはレバーをいじるだけで水が出てしまいます。これ以上被害を出さないように忘れないように閉めましょう。この作業にはマイナスドライバーが必要になります。

道具を準備しましょう!

トイレの詰まりを解消する道具と言えばラバーカップですよね。よくホームセンターで見かけると思います。まず始める前に、便器周辺の床に新聞紙など汚れてもいいものを敷きましょう。作業中に水が飛ぶことが考えられます。少量の水くらいなら新聞紙が吸収してくれるでしょう。では、ラバーカップを使ってみましょう。便器の流れていく穴を覆うように、ラバーカップを置いてぎゅっと密着させます。ラバーカップを優しくなおかつ、ゆっくりと押していき、押し切ったらゆっくりと戻すようにラバーカップを引きましょう。

ラバーカップ以外の方法もあります!

ラバーカップをすぐに用意できない場合はこちらの方法を試してみましょう。熱湯ではなく、触ってみて少し熱いくらいのお湯を便器に流し込んでみてください。その状態のまま約30分放置すると、トイレが詰まってしまった要因となるのものがお湯によって柔らかくなります。それで細かくなりやすいのでトイレ詰まりが解消されるんですよ。1回やってみて改善されなければ再度流し入れましょう。それでもだめなら、1時間くらいその状態のままにしてくださいね。

家庭のトイレが詰まってしまうと、家族全員が不自由な思いをしてしまうため厄介なものです。もし、そんなトイレ詰まりを直してもらいたいのなら、專門の修理業者に依頼してみるのがいいです。